函館競馬場

  • 2013/02/05(火) 23:17:16

所在地 :
〒042-8585 北海道函館市駒場町12-2
電話番号 : 0138-53-1021
開催日 9:00〜17:00
平日 10:00〜12:00、13:00〜16:00(除:月・火曜日・祝日・年末年始・その他 臨時の休務日有り)
入場料 ……100円
開門時間 ……原則として9時から
発売 ……原則として9時30分から
払戻 ……原則として9時30分から
競馬場
【コース概要】
芝コース・ダートコースとも向正面に約3mの上り坂があるものの、直線は平坦な右回りコース。

ゴールまでの直線は中央競馬で一番短い。障害コースは現在設置されていないが、終戦直後頃までは設置されており、馬場中央には襷コースがあったほか、1・2コーナーでは、平地コースの外側に出て、現在の厩舎地区を外寄りに通るコースとなっていた。競馬場の敷地形状は、当時の名残である。ゴールまでの直線こそ一番短いものの、直線そのものはかなり長く、全体的に細長い楕円形である。直線の中央よりやや1コーナーよりにゴール板が設置されているためゴール前の直線が短くなっている。

1994年のコース改修工事でスパイラルカーブが導入され、コーナーが曲がりやすくなった。また、芝コースも札幌競馬場と同様の洋芝へと変更された。

芝コース改修前の路盤は芝の生育を最優先に考え、野芝に畑の黒土という構成であったが、この路盤では晴天が続くとカラカラに乾いた硬い馬場になり、逆に雨が降ると水はけが悪いために泥んこの不良馬場になっていた。1988年に函館記念 (JRAGIII) でサッカーボーイが記録した芝2000mのレコードタイム(1分57秒8)は当時の日本レコードとなる破格のタイムであったが、この硬い馬場もひとつの要因である。
なお、コース改修後最初の開催は1開催(当時の9月開催)限定で行われ、芝コースは育成の関係で使用せず、ダートコースのみで行った[4]。

馬により洋芝コースに対する適性が異なるため、道外の競馬場で結果を残せなかった馬が函館競馬場で好走する場合がある。同様に洋芝を採用している札幌競馬場でも同じ傾向がみられる。