東京競馬場

  • 2013/04/11(木) 22:46:12

所在地 :
〒183-0024 東京都府中市日吉町1-1
電話番号 : 042-363-3141
開催日 9:00〜17:00
平日 10:00〜12:00、13:00〜16:00(除:月・火曜日・祝日・年末年始・その他 臨時の休務日有り)
入場料 ……200円
開門時間 ……原則として9時から
発売 ……原則として9時25分から
払戻 ……原則として9時25分から 競馬場
【コース概要】
芝コース:1周2083.1m、直線525.9m、フルゲート18頭(いずれもAコース使用時、冬期は16頭となる)
距離設定:1400m、1600m、1800m、2000m、2300m、2400m、2500m、2600m、3400m(2600mは施行実績なし)
ダートコース:1周1899m、直線500.1m、フルゲート16頭(1200mは12頭)
距離設定:1200m、1300m、1400m、1600m、2100m、2400m(1200mは2003年の馬場改修以降は行われていない)
東京競馬場の特徴として、ゴール手前の長い直線と、緩いカーブ、左回りなどが挙げられる。比較的直線が短く小回りの競馬場が多い中では独自の特徴をもっている。故に、東京競馬場にのみ相性がいい馬も多く、トニービン産駒などがその典型とされている(トニービン産駒はコーナーワークが下手で加速が遅いが、長くいい脚を使えるといわれている)。そのほか、直線手前で馬群が大きく広がりやすいのもこの競馬場の特徴である。

かつて芝には1000m・1100m・1200m、ダートには1000m・1100mの距離が右回りで設定されていた。このうち芝1200mの競走については1984年まで施行された。

ポイント
ダート1600mは芝スタートで外枠に行くほど芝の部分を多めに走れるので外枠有利。

京都競馬場

  • 2013/04/03(水) 11:48:03

所在地 :
〒612-8265 京都府京都市伏見区葭島渡場島町32
電話番号 : 075-631-3131
開催日 9:00〜17:00
平日 10:00〜12:00、13:00〜16:00(除:月・火曜日・祝日・年末年始・その他 臨時の休務日有り)
入場料 ……200円
開門時間 ……原則として9時から
発売 ……原則として9時30分から
払戻 ……原則として9時30分から 競馬場
【コース概要】
芝コースには内回り、外回りコースがある。外回りコースの第3コーナーにある高低差3.9m(馬場改修前は4.5m)の「淀の坂」は有名。春の天皇賞と秋の菊花賞は2度、この坂を越える。直線が平坦であるため、近年は第3コーナーから第4コーナーにかけての下り坂でスパートをかける馬が多い。

芝外回りコースの第3コーナーから第4コーナーのカーブ半径は、109.0m→376.0m→456.0m→100.0mと推移している。コーナーが角張っており、中間に非常に緩やかな偽直線(フランスのロンシャン競馬場で言うフォレス・ストレート)を挟んでいることも特徴(東京競馬場や阪神競馬場の内回りコースも同様の特徴があるがここまで極端ではない)。これにより偽直線の部分は外を回ることによる距離ロスが少なくなり、いわゆる「まくり」が決まりやすい。また、第4コーナーはJRA競馬場の芝コースの中で最も急であり、更に芝内回りコースとの合流点があって内埒が途切れているうえ、下り坂を利してスパートを掛ける馬が多いため、内外に馬群がばらけるシーンが多い。

障害コースでは向こう正面から第3コーナーに出て行く所に二手に別れ、内側の大障害コースに高さ1.5m、幅2.9m(JRAの障害では水濠障害を除く飛越型障害では最も幅広)の大生垣及び、高さ80cm、幅15.9mのバンケット(飛び上がり飛び下り台。「三段跳び」とも「ビッグスワン」とも呼ばれるが、ビッグスワンについては、スタンド増築部分の愛称として採用されてからはあまり呼ばれることは少なくなった)がある。

1993年までの障害コースは正面スタンド前も内外二手に分かれていて通常は外側を通り、京都大障害の時のみ内側の大障害コースを利用する形態であった。

正面大障害コースは大生垣(8号障害 高さ160cm・幅270cm)、大水壕(9号障害 幅385cm)、バンケット(10号障害 高さ80cm・幅15m)。向正面大障害コースは大土塁(11号障害 高さ150cm・幅280cm)、大竹柵(12号障害 高さ140cm・幅160cm)の5つの大障害が待ちかまえていた。阪神競馬場と同様、1999年までは埒が設置されておらず、コース際は全て植え込みや生垣で区切られていた。

1978年までは1周の障害数が6個であり、1号障害は空壕障害(水壕の水を抜いたもの、欧州では一般的な障害)が設置されていたが生垣障害に変更された。

ポイント
ダート1400mは芝スタートで外枠に行くほど芝の部分を多めに走れるので外枠有利。
芝のレースはどのコースも内枠の先行馬が穴を開ける印象。外回りになるほど印象が強い。

福島競馬場

  • 2013/04/02(火) 22:40:35

所在地 :
〒960-8114 福島県福島市松浪町9-23
電話番号 : 024-534-2121
開催日 9:00〜17:00
平日 10:00〜12:00、13:00〜16:00(除:月・火曜日・祝日・年末年始・その他 臨時の休務日有り)
入場料 ……100円
開門時間 ……原則として9時から
発売 ……原則として9時25分から
払戻 ……原則として9時25分から 競馬場
【コース概要】
周回コースで芝コースが外側、ダートコースが内側に配置されており、ともに平地競走では右回りでレースが施行される。1997年に完成したスタンド改装工事と同時に馬場の全面改修も行われた。

芝コースは一周1,600メートル、第4コーナーから決勝線までが292メートル(ともにAコース使用時)。決勝線手前には高低差1メートルほどの登り坂がある。障害競走が行なわれる時はレース開始前に芝コース上に非常設の竹柵障害が5つ設置され、終了後に撤去される。

ポイント
芝1700mはスタート後すぐコーナー。内枠の先行馬が断然有利。

新潟競馬場

  • 2013/04/01(月) 22:42:36

所在地 :
〒950-3301 新潟県新潟市北区笹山3490
電話番号 : 025-259-3141
開催日 9:00〜17:00
平日 10:00〜12:00、13:00〜16:00(除:月・火曜日・祝日・年末年始・その他 臨時の休務日有り)
入場料 ……100円
開門時間 ……原則として9時から
発売 ……原則として9時30分から
払戻 ……原則として9時30分から
競馬場
【コース概要】
2001年、日本の競馬場としては初となる直線1000mの芝コースを新設し、周回コースも右回りから左回りに変更して、同年7月14日、全面リニューアルオープンした。

最後の直線距離は芝・外回りで659mとなり(次に長いのが東京競馬場の500m強、その次が京都競馬場の400m強)、中央競馬を開催する競馬場としては最も長い。

通常は3回24日開催であるが2009年は函館競馬場の改築工事に伴う開催日程の変更により札幌競馬場の開催分が一部振り替えられ(平年の9月にある第2回札幌開催の6日間分を移動。残り2日分は平年3月の第1回中京競馬場4日分と併せて1月の中京開催で移動している)、4回30日間開催された。これに伴い、通常札幌で行われている重賞「エルムステークス」は新潟で施行された。

薄暮競走は現在行われていない(通常とほぼ同じ編成だが、メイン競走の発走は15時台後半となる)。